ツーリングスポット バイク全般

【秘境】突然現れる歩いていける小島、能登半島の観音堂(富山・石川ツーリングスポット)

更新日:

今回紹介するのは七尾市の北東に位置する崎山半島の秘境「観音島」です。

規模の割に風光明媚かつゆっくりしたくなる雰囲気なのでソロツーリングの目的地としておすすめです。

概要

立山連峰や能登島を眺められる景勝地です。鹿渡島観音とも呼ばれ、その名は文武天皇の頃、一角五色の霊鹿が輝く玉を頭上にいただき、鹿渡島に現れたとの伝説にに由来しています。寒暖両系の海浜植物群落の植生も貴重です。

出典:https://www.hot-ishikawa.jp/spot/5160

とあります。観音堂とは慈悲を象徴する観音菩薩をまつってある堂だそうです。近くにある観音崎灯台と一緒に海を見守ってもらおうとしたのでしょうか。

位置

鵜浦漁港を通り、細い漁村の道をソロリソロリと走っていくと突然現れます。閑静な民家の中を走るので排気音には注意です。

島の様子

本当に岬の先にあるので周りには海しかなく少し現実離れしています。

上陸してみましょう。

綺麗にされています。中には仏壇のような物がありました。夕方になると灯篭の電気がつきます。

img_1963.jpg

さらに奥に進みます。少し草が増えてきます。夏は虫刺され注意ですね。

img_1964

観音島の先まで来ると本当に人工物がなくなり180度以上のパノラマが広がります。

本当に一瞬ここがどこだか分からなくなります。

まとめ

バイクならこんな風に島と一緒に写真が撮れます。

能登半島のドライブルートにおすすめの160号線から少しだけそれた所にあるのでドライブ途中に寄るのが良いのではないでしょうか。

恐らく「こんなところあるんだ・・・驚き」という感想になる程度には感動します。

絵になる風景を求めて訪れてみてください。

この場所に行こうと思った方にはこちらの施設の記事もおすすめです。

スポンサードリンク

-ツーリングスポット, バイク全般
-, , ,